スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COLD STEEL PENDLETON LITE HUNTER

連続投稿です。朝ドラの連続放送並のお得感。

新しいナイフを買いました。

最近小さいナイフばかりだったので一発大きいシースナイフを持ってみるか!ということで。

COLD STEEL PENDLETON LITE HUNTER コールドスチールペンドルトンライトハンター
Cold steel1



Cold steel2


お値段はかなり手頃で2500円から3000円といったところ。
見た目の情緒やらカッコよさはあまりないものの性能はコールドスチール。よく切れます。
最初の印象は鞘の付いた包丁、というか果物ナイフ


シースもかなり安っぽいですが、シースとしての役割は確実に果たしてくれています。
このナイフのいい所は柄が長い点にあります。
刃渡りも使う上では大事なんですが、やはり上手く握れないと切りにくい物。
このナイフはしっかり保持できるだけの長さの柄なので大変使いやすいです。
Cold steel3


大きさ比較用にマッチの箱
刃渡りは8.5cm 
市販されている肉とかなら切るのに問題のないサイズです。野菜もまあ概ね切れると思います。
オートキャンプなら包丁持っていけばいいことですが、長い間外に居るというならこういうのかもう少し大きいのがあったらいいかなと思います。

オートキャンプでも小さい子が居る所だとなるべく刃物は出しっぱなしはしたくないので鞘がついてるものが楽、だと個人的には思います。包丁の数が少なくて誰かがしまったんだけど何処にやったかわからない場合もあります。
腰に下げておいてみんな腰から抜いて料理してすぐ仕舞えばいいんですよ。外だと置いておくスペースも限られて来る時がありますからね。


絶賛気味でしたが見た目は写真の通り全く面白みもクソもない感じです。値段のほとんどをブレードの構築に使った感じ。あと値段が安いってのは正義。
ということでナイフでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。